人には相談しにくい女の薄毛・ハゲ。あなたのお悩み解消を目指して作ったサイトです

女性の薄毛相談所

髪や頭皮の基礎知識

紫外線が薄毛の原因?紫外線が髪や頭皮にあたえる影響と対策を解説します!

 2020年8月15日

 

髪の毛や頭皮も日焼けするってご存知ですか?

実は髪の毛や頭皮が紫外線を浴び続けると、パーマをかけるよりも大きな負担がかかってしまうと言われています。

負担をかけ続けた結果、薄毛や抜け毛に繋がってしまうことも。

 

髪の毛はすでに死んでいる細胞でできているため、傷んでしまうと自己修復することができません。

そのため綺麗な髪の毛を守るためには、事前にどうやって紫外線を防ぐか、そしてどう頭皮のケアをしていくかが大事になってきます。

今回は、紫外線が頭皮や髪の毛に与える影響や、その対策方法をまとめました。

 

紫外線が薄毛の原因?紫外線が髪や頭皮にあたえる影響

傷んだ髪は修復できない?紫外線が髪の毛に与える影響

髪の毛は、タンパク質の一種であるアミノ酸システインが結合してできています。

紫外線に含まれるUV-B波にはこのシステインを分解する力があります。

 

システインが分解されると、キューティクルが剥がれやすくなり、タンパク質にゆがみが生じます。

その結果髪の毛自体が弱くなり、切れ毛や枝毛、さらに悪化すると抜け毛が増えて薄毛になってしまいます。

 

また、紫外線は髪の毛のメラニン色素も分解してしまいます。

これにより、髪の毛の色が抜けて茶色や白っぽくなり、弱々しい髪の毛に見え、白髪の原因にもなります。

参考ページ女性の髪の悩み!薄毛と白髪って関係あるの?

 

パーマやヘアカラーをしていると紫外線の影響を受けやすく、通常よりもさらに髪の変色が進みやすくなるため注意が必要です。

 

頭皮も日焼けする!紫外線が頭皮に与える影響

頭皮、特に髪の分け目は体と同じように日焼けをします。

通常頭皮は、メラニン色素が沈殿し黒く日焼けをしますが、ひどい時は赤くはれ、一種のやけどの状態になることがあります。

そうすると頭皮が荒れ、毛根が傷み乾燥してしまうことで、強く健康な髪の毛が生えにくくなってしまいます。

 

また、頭皮の炎症によって、頭皮の表面が剥がれ落ちた鱗屑がフケのように浮き上がり、見た目にも良くない影響が出る可能性があります。

 

頭皮と髪を日焼けさせない!今日からできる対策方法

髪の毛は一度傷んでしまうと修復が難しい場所です。

そのため、あまり紫外線を浴びないように事前に対策をすることがとても大事。

ここでは紫外線の対策方法や、実際に日焼けしてしまった場合のケア方法などをお伝えします。

 

紫外線が多いのはいつ?特に気を付けたい時期と時間帯

一年の中で紫外線が多いのは、やはり夏です。真夏はもちろんですが、5月頃から紫外線量が跳ね上がるため、5月~9月の間は紫外線対策の手を抜かないほうがよいでしょう。

また、同じ夏の間でも、時間帯や天気によっても大きく変わります。

 

一日の中で紫外線量が多いのは、日の高い9時~14時頃。

毎日紫外線対策をするのは大変ですが、出かける時間帯によっては少し手を抜いてもいいのかもしれません。

逆に、紫外線が少ないと言われる時期でも、この時間帯は気をつけたいところです。

 

次に、紫外線が多い天気。やはりダントツで多いのは晴れの日ですが、曇りの日も注意が必要です。

曇りの日は日差しも遮られ、晴れの日に比べれば夏場も過ごしやすく感じます。

紫外線が降り注ぐ場所にも長時間いられてしまうため、うっかり晴れの日よりも紫外線を多く浴びてしまう、なんてことも少なくありません。

曇りだからと油断せず、晴れの日同様に対策をするようにしましょう。

 

簡単にできる、髪の毛と頭皮の日焼け対策

一番簡単なのは帽子をかぶることです。

UV効果のあるものや、つばの広いものが特に効果があります!髪の毛の長い人は、髪の毛をなるべく帽子の中にいれて紫外線にさらさないようにしましょう。

日傘も気軽に使えるのでオススメです。

 

UV効果のある洗い流さないトリートメントを使うのもオススメです。

髪の毛にも良いですし、スプレータイプなら出かける前にさっと使うこともできます。

 

頭皮の日焼け対策をしっかりとしたい場合は、日焼け止めを使いましょう。

頭皮用の日焼け止めも今は色々な種類が販売されています。

 

わざわざ頭皮用の日焼け止めを用意できないという方は、顔用の日焼け止めで代用することもできます。

ただ、こちらは髪の毛につくと白く浮いてしまうため、髪の毛につかないよう生え際や分け目に丁寧に塗るようにしましょう。

 

日焼けをしてしまった場合のケア方法

どんなに対策をしていても、うっかり日焼けしてしまうことは十分に考えられます。

そんな時どうすれば髪の毛や頭皮のダメージを減らせるでしょうか?

 

髪の毛はそれ自体を修復することができないため、トリートメントが有効です。

ダメージケア用のシャンプーやトリートメントでキューティクルを保護してあげましょう。

また、日焼けした髪の毛は摩擦によるダメージも大きくなってしまうため、ブラッシングは軽くしておくにとどめておきましょう。

 

特に気を付けなければいけないのが、海水浴の時の日焼けです。

海水には塩分等の不純物が多く含まれているため、浸透圧によって髪の毛の内部が乾燥しやすくなっています。

髪の毛がとても傷みやすい状態のため、こまめにタオルで水気を拭き取り、早く乾かすように心がけましょう。

 

頭皮が日焼けをしてしまった場合は、通常のやけどと同じように冷やすことが大切です。

軽い痛みならば冷やしたタオルを頭に乗せるなどして炎症を抑えましょう。

 

ヒリヒリ傷んだり、赤みがひどい場合は、余計なダメージを与えないことと、保湿をしっかりとすることが大事です。

当日のシャンプーは避け、ぬるま湯で洗い流すくらいにしておきましょう。

翌日以降もなるべく頭皮に刺激を与えないよう、手で一度シャンプーを泡立ててから髪の毛に乗せるようにしましょう。

 

頭を流した後は髪の毛を乾かしますが、ドライヤーの風も日焼けした頭皮には大きなダメージになります。

なるべく頭皮から離し、頭全体に風を散らしながら乾かしましょう。

 

最後に化粧水や消炎作用のある軟膏を塗り、しっかりと保湿をしましょう。

化粧水は普段使っているもので問題はありませんが、美肌成分やアルコールが入っているものは刺激が強い場合があるため、できれば避けた方が良いかもしれません。

 

セルフケアだけで大丈夫?気になる人はプロのケアも体験してみよう

日焼け対策には毎日のセルフケアが大事!

しかし、日焼けしてしまった頭皮や髪の毛を修復するのは自分ではなかなか難しいもの。

 

そんな時はヘアサロンやヘッドスパで、スペシャルトリートメントや頭皮のケアが効果的です。

頭皮のケアをしっかりすることで、黒くなった頭皮も白くなりますし、スペシャルトリートメントで髪の毛を保護し、綺麗に見せることができます。

 

そして、日焼け対策でなにより大事なのは、紫外線に負けにくい強い頭皮を作ること。

土台がしっかりしていれば生えてくる髪の毛も強くなり、日焼けもしにくくなります。

ヘッドスパで普段から頭皮環境を整えておくことも、日焼け対策には有効な手段なのです。

 

ばっちり日焼け対策をして夏をめいいっぱい楽しもう

夏はどうしても日焼けをしてしまう季節。

どんなに対策しても、紫外線を0にすることはできません。

 

しかし、だからこそ毎日の対策がとても大事!

日焼け対策も習慣にしてしまえば、ストレスなく続けることができるはず。

毎日の日焼け対策をしっかりとして、元気な頭皮と髪の毛でこの夏を過ごしましょう。

 

 

不安を抱えず無料カウンセリングで医師に相談してみよう!

全国各地・駅から3分以内にある、女性専用薄毛対策クリニック、AGAスキンクリニックレディース院で医師に相談するのがオススメします。無料カウンセリング・モニタ制度実施中!

AGAスキンクリニックレディース院公式サイトはこちら

-髪や頭皮の基礎知識

Copyright© 女性の薄毛相談所 , 2020 AllRights Reserved.