人には相談しにくい女の薄毛・ハゲ。あなたのお悩み解消を目指して作ったサイトです

女性の薄毛相談所

薄毛治療の方法

皮膚科での薄毛治療の特徴や効果は?

 2018年3月31日

 

薄毛が気になってきた時に病院で受診を考えた方はまず【皮膚科】を思い浮かべるのではないでしょうか。頭皮も皮膚の一部であり、症状によっては飲み薬や塗り薬の処方を受けられる場合があります。また、円形脱毛症や甲状腺など病的な原因の薄毛の場合は育毛剤やエステサロンでの改善は厳しいため、病院で診察を受けることが重要です。

 

どういう治療なの?

医師の診察・検査を受け、症状によって飲み薬や塗り薬が処方されます。

円形脱毛症や甲状腺など病的な原因を感じる場合はまずは皮膚科での受診をおすすめします。

また、病的な原因が無い場合の薄毛(加齢やストレスなど)には、特に薬の処方がされない場合もあります。

 

費用はどれくらい?

円形脱毛症や甲状腺など病的な原因がある場合は保険治療内ですが、病的な原因がない場合は保険治療外の料金での治療となります。

※保険治療外での薄毛用医薬品の処方は1カ月1万円~1万5千円くらいになる場合もあります。

 

効果はあるの?

病的な原因がある場合は飲み薬や塗り薬の処方によって改善すると言われています。

しかし、それ以外の薄毛の場合は専用の医薬品での治療が必要となりますが、薄毛に直接効く成分の入ったものは薄毛専用クリニック以外での皮膚科では取り扱いが無いことがほとんどです。

 

どれくらいの期間が必要?

病状によって違うため、医師の診断をしっかり聞いて治療しましょう。

 

満足度は?

病的な原因がある場合は対処できますが、それ以外の場合の薄毛(加齢やストレスなど)では特に薬の処方がされない場合もありますので、満足度が低いケースもあるでしょう。

 

注意点は?

通常の皮膚科では病的な原因がある場合の薄毛の対処は行いますが、加齢・ストレス・遺伝・産後脱毛などの場合は対処できないことが多いのが現状です。

症状によって、皮膚科と薄毛専門クリニックのどちらに行くべきか選択することが大切です。

また、保険治療外での薄毛用医薬品を処方される場合もありますが、髪の毛にコシやハリを与える効果を持つものが多く、薄毛に直接効く成分の入ったものは薄毛専用クリニック以外での取り扱いは少ない状況です。

 

-薄毛治療の方法

Copyright© 女性の薄毛相談所 , 2020 AllRights Reserved.