人には相談しにくい女の薄毛・ハゲ。あなたのお悩み解消を目指して作ったサイトです

女性の薄毛相談所

薄毛治療の方法

『育毛』『発毛』『植毛』って何が違うの?特徴と治療方法について解説します!

 2018年10月25日

 

女性薄毛について色々調べてみると、色々な用語が出てきます。

中でもよく使われているのが『育毛』『発毛』『植毛』。

 

「漢字の意味でなんとなく分かるような、分からないような…。」

「私には「育毛』がいいのかな?それとも「発毛』?」

 

こんな疑問を持ったことはありませんか。

ここでは、薄毛知識の基礎ともいえる『育毛』『発毛』『植毛』の違いについてお伝えします。

 

 

『育毛』『発毛』『植毛』の違いを解説!

まずは、それぞれの言葉の意味について調べていきます。

 

『育毛』とは

生えている毛髪を育てること

 

新たに毛を生やすのではなく、今ある毛に働きかけるのが『育毛』。

栄養状態を良くして、元気を取り戻してあげることが大切です。

毛が太く育つと全体的なボリューム不足も解消されます。

 

こんな方には『育毛』がおすすめ!!

コシが無くなった

毛が細くなっている

長く育たず切れやすい

『育毛』の治療方法はこちら

 

 

『発毛』とは

新たに毛髪を生やすこと

 

毛根に働きかけ、今生えていない毛穴から毛を生やすのが『発毛』

眠っている毛根をたたき起こして、活性化させることが必要です。

休眠状態が長く続くと、そのまま毛根が死んでしまうこともあります。

出来るだけ早く対策をすることが大切です。

 

こんな方には『発毛』がおすすめ!!

抜け毛が増えた

頭皮が見えてきた

『発毛』の治療方法はこちら

 

 

『植毛』とは

毛髪を植えること

 

自分の希望する場所に、毛髪を移植するのが『植毛』。

毛根が死んでしまった部分でも新たな毛を生やすことができます。

『育毛』『発毛』と違い、すぐに毛髪を増量できるのがメリットです。

 

こんな方には『植毛』がおすすめ!!

すぐに髪が増やしたい

毛が生えなくなってから長期間たつ

発毛治療で思ったような効果が出ない

『植毛』の治療方法はこちら

 

 

 

『育毛』『発毛』『植毛』はどんな治療をするの?

それぞれの特徴が分かったところで、次はどのように治療するのか、お伝えしていきます。

 

『育毛』の治療方法

毛を強く・太く育てるためには、次の2点が重要です。

「血行促進」 栄養をしっかり体に取り入れること。

「栄養摂取」 栄養を血液に乗せて、頭皮・毛髪までちゃんと届けること。

治療方法としては、生活習慣を整える・クリニックでの治療などがあります。

具体的な例をいくつかご紹介します。

 

 

■生活習慣を整える■

  • 食生活 たんぱく質・亜鉛・ミネラルを意識しよう。
  • 睡眠  成長ホルモンは22時~深夜2時の間に分泌されます。
  • 禁煙  たばこによって血管が収縮するため、血行が悪くなります。

 

 

■クリニックで治療する■

  • 内服治療:パントガール

パントガール

 

世界で初めて「薄毛・抜け毛の効果と安全性」が認められた女性用育毛剤。

薄毛改善に必要な栄養成分(アミノ酸、たんぱく質、ケラチンなど)を配合。

臨床試験では、3ヵ月間の使用で70%の方の抜け毛が減少、そして20%の方は抜け毛がほとんど無い状態にまで改善する結果が確認されています。

 

注意点・副作用
・軽度の腹痛、下痢、めまい、頭痛、動機、胸やけの症状がみられる場合があります。
・未成年や妊娠中の女性は服用を避けたほうがよい。
・スルホンアミド系の薬を服用している方は医師に相談が必要。

 

『パントガール』を扱っているおすすめクリニックはこちら。

▶ 東京ビューティークリニック

▶ 聖心毛髪再生外来

▶ TOMクリニック

▶ 【オンラインクリニック】Seed

 

 

 

『発毛』の治療方法

『発毛』は、毛根に直接働きかけることが重要です。

生活改善や市販の育毛剤ではなかなか難しく、クリニックでの治療がおすすめです。

クリニックであれば、医薬品である発毛成分ミノキシジルを治療に使用することが出来ます。

また、休眠状態で毛が生えてこない毛根は、成長因子などで目覚めさせることが可能です。

 

 

■クリニックで治療する■

  • ミノキシジルを使用した治療

リバースレディ:東京ビューティークリニック

 

ミノキシジルは、世界で初めてFDAに認可された医学的根拠に基づいた発毛薬品です。

血管を拡張し血流を増加させ、栄養分をより多く毛根に送ることが出来ます。

髪に必要な栄養と共に内服薬に配合されたり、頭部に直接刺激を与える外用薬に使用されたりしています。

購入には医師の処方が必要です。

 

注意点・副作用
・頭皮のかゆみ、炎症、頭痛、めまい、多毛の症状がみられる場合があります。
・血圧圧低下や心拍数の増加、体重増加、手足のむくみがでる場合があります。

 

『ミノキシジル』を扱っているおすすめクリニックはこちら。

▶ 東京ビューティークリニック リバースレディ(内服薬・外用薬)

▶ 聖心毛髪再生外来 ロゲイン2%(外用薬)

▶ TOMクリニック TOGM(内服薬)・ロゲイン2%(外用薬)

▶ 【オンラインクリニック】Seedオリジナル処方薬(内服薬・外用薬)

▶ 【オンライン診療可能】AGAヘアクリニック MINOX(内服薬)・MINOX LIQUID(外用薬)

 

 

  • 成長因子を使用した治療

Dr’sメソ:東京ビューティークリニック

 

成長因子とは、体内で特定の細胞の増殖・分化を促進するタンパク質のことです。

頭皮に成長因子・栄養分を補充することで、毛根の細胞を活性化させます。

この成長因子を使用した治療法は多く、メソセラピー・再生療法・HRAG療法などがあります。

 

注意点・副作用
・治療法によっては、出血、頭痛、血圧低下の症状がみられる場合があります。
・治療法によっては、初期脱毛の症状がみられる場合があります。

 

『成長因子』を扱っているおすすめクリニックはこちら。

▶ 東京ビューティークリニック Dr’sメソ (FAGAメソセラピー)

▶ 聖心毛髪再生外来 毛髪再生療法

▶ TOMクリニック メソ(再生注入治療)

▶ エルクリニック HRAG療法

 

 

 

『植毛』の治療方法

その名の通り、毛の少なくなった部分の頭皮に毛を植える治療です。

『育毛』『発毛』では対応できなくなった症状に対する最終手段とも言えます。

外科的治療となるため、クリニックでのみ施術可能です。

 

■クリニックで治療する■

自分の髪を移植する自毛植毛と、合成繊維で作られた毛を移植する人工毛植毛があります。

自毛植毛の方が、拒絶反応が少なく、定着率が比較的高いと言われています。

植毛方法も医師が全て行う方法や、一部施術をロボットで行う方法などがあります。

 

注意点・副作用
・植毛方法によっては、出血が出たり傷跡が残ったり場合があります。
・施術後、頭皮洗浄が数日~数週間出来ない場合があります。

 

『自毛植毛』を扱っているおすすめクリニックはこちら。

▶ 東京ビューティークリニック

▶ TOMクリニック

▶ ルーチェクリニック 銀座院

▶ 湘南美容クリニック

▶ アイランドタワークリニック

 

 

 

まとめ:自分に合う治療法を見つけることが大切!!

『育毛』『発毛』『植毛』は薄毛の治療という点では同じですが、実際の治療方法は全く違います。

この治療方法が良いのかは、お一人おひとりの症状によって選ぶ必要があります。

 

「私の症状は『育毛』?『発毛』?どっちがいいのかな」

「毛根が生きているのか死んでいるのか自分では分からないなぁ…」

 

自分では判断がつかない場合は、客観的なアドバイスを聞くようにしましょう。

クリニックによっては、無料カウンセリングを行っており、気軽に相談することができます。

頭皮チェックもしてもらえるので、自分の症状を正しく知ることが出来ます。

 

薄毛治療で大切なのは、『症状に合わせて治療法を選ぶこと』。

是非一度、お近くのクリニックで相談してみてくださいね。

 

 

 

 

不安を抱えず無料カウンセリングで医師に相談してみよう!

全国各地・駅から3分以内にある、女性専用薄毛対策クリニック、東京ビューティークリニックで医師に相談するのがオススメします。無料カウンセリング・モニタ制度実施中!

東京ビューティークリニック公式サイトはこちら

-薄毛治療の方法

Copyright© 女性の薄毛相談所 , 2019 AllRights Reserved.