人には相談しにくい女の薄毛・ハゲ。あなたのお悩み解消を目指して作ったサイトです

女性の薄毛相談所

薄毛治療の方法

個人輸入はキケン!薄毛治療の薬はクリニックで購入して!!

 2020年8月15日

 

 

 

「お薬。みなさんどこで買っていますか?」

 

医薬品と呼ばれるものは数多くあります。

それらを日本国内で購入するには、基本的には医師による処方、または登録されている薬局・ドラッグストアでの購入になります。

これは、風邪薬でも薄毛治療薬でも同じです。

 

しかし、最近はインターネットの普及で『個人輸入』ができるようになりました。

便利なように思うかもしれませんが、あまりおすすめは出来ません。

思わぬ副作用に苦しむ可能性や、トラブルになる可能性もあります。

 

今回は、薬の個人輸入について・リスク・デメリットを徹底解説していきます。

 

薬の『個人輸入』ってどういう意味?

インターネットが普及してから、色々なものが手に入るようになりました。

洋服・化粧品だけではなく、食品・生活雑貨まで購入できてしまいます。

そんな中、医薬品もネットで購入しようと思っても不思議ではありません。

 

実際にネットを検索してみると、薄毛薬・ダイエット薬・痩せ薬などの情報が溢れています。

そして、その情報とセットで『個人輸入』という言葉をよく見ます。

 

『個人輸入』とはその名の通り、海外から個人的に輸入することです。

外国語でやり取りする必要があるのかと思いきや、そうでもありません。

今、日本国内向けに専門サイトが数多くあり、そのページ内で購入できます。

 

 

 

薬の個人輸入が増えている理由

理由は大きく3点あります。

 

■簡単に購入できること

「輸入という言葉のイメージとは違い、簡単に買えるんだなぁ」

なんて、思った方もいるのではないでしょうか。

ネットで必要情報を記入してクリックするだけ。たしかに簡単ですよね。

 

 

■薬局や病院に行く手間が省けること

日々忙しい人の中には、病院はおろか薬局・ドラッグストアへ行く時間も惜しいと思う人がいます。

ネット購入は、移動する手間を省けるという意味ではとても便利です。

 

 

■安く購入できること

『個人輸入』を行う理由の中でも多いのが、医師に処方してもらうより安いということです。

女性薄毛の治療薬であれば、代表的なのが「パントガール」。

ネットでの金額表示とみていると、クリニックで処方してもらうより数千円は安くなるようです。

 

 

この3点が、購入者のメリットとなり『個人輸入』が増加した理由です。

 

「とにかく安く手に入るならラッキー!」

「忙しい時に薬局・病院の開いている時間を気にしなくていいから便利」

 

 

こうは思わないでください!

 

 

メリット以上にデメリット・リスクが多いのが『個人輸入』なんです。

 

 

特に注意すべきリスク・デメリットについて解説していきます。↓↓↓

 

 

薬を個人輸入した時のリスク・デメリット

偽物かどうかの見分けがつかない

個人輸入で購入した薬が本物なのか偽物なのかを素人が見分けることは、ほぼ不可能です。

高い料金を支払って購入したのに、全くの偽物という可能性があります。

偽物と気付かずに服用した場合、副作用がでることもあります。

 

 

 

何が入っているか分からない

非正規のルートで購入した場合、成分・品質について何の保証もありません

結局のところ、その薬に何が入っているか分からないということです。

体に害のある成分や体に合わない成分が混じっていて、副作用で苦しむ可能性もあります。

 

 

 

本当に効果のある薬か分からない

日本国内で薬の販売許可をとるには、『実際に治療に効果があるか』臨床し実績を残す必要があります。

個人輸入した場合、実績の全く無い治療薬の可能性や、信頼性のある検査を行っていない可能性もあります。

全く効果の無い薬を飲み続けたり、思わぬ副作用が出たりする可能性があります。

 

 

 

これらのリスク・デメリットの中で一番こわいのが、

『副作用による健康被害』です。

 

どんな副作用が出るかはその時にならないと分かりません。

また、副作用が出てから医師の診察を受けても、飲んだ薬の成分が分からないと対処が遅れてしまいます。

気軽に購入すると、取り返しのつかないことになる可能性があります。

 

 

個人輸入でのトラブルのニュースが増加中

日本全国で、個人輸入した薬による健康被害がニュースになっています。
中には動悸(どうき)やふらつき、四肢のまひなどの症状が出たケースも報告されています。
「簡単で安い」という理由だけで購入しないようにしましょう。

厚生労働省HP:医薬品等を海外から購入しようとされる方へ

 

 

 

 

まとめ:薄毛薬の処方は必ずクリニックで!!

「薬を『個人輸入』することはこわい。」ということを忘れないでください。

期待している効果が出ないだけではなく、健康被害に悩む場合もあります。

薬での薄毛治療を考えている方は、まず専門クリニックで相談してみましょう。

 

 

■女性用薄毛治療薬を取り扱っている主なクリニック

▶ AGAスキンクリニック レディース院(無料カウンセリング有)

▶ 聖心毛髪再生外来(無料カウンセリング有)

▶ TOMクリニック(無料カウンセリング有)

▶ 水光HARG エルクリニック

▶ AGAヘアクリニック(無料カウンセリング有)

 

 

日本国内で承認されている「女性用薄毛薬」の購入には、医師の処方箋が必要です。

思わぬ副作用で悩みを抱えないためにも、クリニックを受診してください。

無料カウンセリングを行っているクリニックも多いので、相談だけでも気軽に行ってみてくださいね。

 

 

 

不安を抱えず無料カウンセリングで医師に相談してみよう!

全国各地・駅から3分以内にある、女性専用薄毛対策クリニック、AGAスキンクリニックレディース院で医師に相談するのがオススメします。無料カウンセリング・モニタ制度実施中!

AGAスキンクリニックレディース院公式サイトはこちら

-薄毛治療の方法

Copyright© 女性の薄毛相談所 , 2020 AllRights Reserved.